English Website

Home

サービス概要

アフリカビジネスパートナーズは、日本で唯一の、企業のアフリカビジネスをサポートすることに特化したアドバイザリーファームです。貴社のアフリカでのビジネスを一歩でも前に進めるために、「アフリカで何をするべきか」を考える進出段階から、事業の実際の立ち上げ段階、そして伸び悩んだときの「どうやって競争に勝ち結果を出すか」という課題に至るまで、事業開発の各ステップにおいて、必要な支援と後押しをアフリカの現場で行います。

サービス一覧

対応しているインダストリー:製造業、産業財、農業、消費財、流通・小売、サービス、ヘルスケア、ICTなど。資源、インフラ、ODA事業以外の産業分野に対応しています。

ビジネスモデル策定

貴社の製品や強みは、アフリカのどの国で、どの程度の規模の、どのようなビジネスになりうるでしょうか。アフリカには多様なニーズが存在し、想像されているよりも競争はシビアです。そして、事業成功のための勝ちパターンが確実に存在しています。貴社の強みを活かした、貴社ならではのビジネスモデルの提案を行い、調査を実施し、判断を助けます。

ビジネスマッチング・パートナー探索

貴社に合った代理店、委託先、事業提携先といったパートナーを見つけられるかが、ビジネスの成否を分けます。声をかけられた、知り合ったという機会ベースではない、能動的なパートナー探しが必要です。貴社の事業の目的を達成することができる相手を探し、提案します。企業や人物に関する調査も行います。

流通設定・営業支援

日本やアジアとは産業のフェーズも成功の鉄則も違うアフリカでは、誤った流通戦略の設定や営業方法により事業を拡大できていない日本企業が多く見られます。代理店の管理においてもアフリカならではのやり方があります。どうサプライチェーンを組み立て、どうオペレーションを回すかについて見解を示し、提案し、ABP自らも足を使って貴社の営業のお手伝いをします。

課題特定、KPIの設定とモニタリング

アフリカでビジネスを始めてみたものの、思ったような売上が上がらない、代理店とのコミュニケーションがうまくいかない、停滞した状況への打ち手が見つからないといった状況に直面する日本企業は多いです。現状を打破するために、事業の現状について客観的な分析を行い、課題を特定します。KPIを設定し、モニタリングすることで改善します。

事業提携先探索、交渉アドバイザリー

事業提携先、投資先、買収先のソーシングと事業デューデリジェンス、交渉のアドバイザリーを行います。アフリカにおいては多くの現地企業において正確な事業・財務データが存在しない中、取引や在庫、店舗やサプライチェーン、周囲の評判を現場で確認する作業を行います。Strategic investorのみならず、Financial investorのためのソーシングも行います。ABPは自らアフリカ企業に対する自己資本投資を行っています。

人材紹介、ヘッドハンティング、人事制度・労務管理への支援

日本とアフリカの企業組織文化、人事制度は大きく違い、希望の人材を採用することの難しさや労務管理上のトラブルを生んでいます。日本企業にとってのよい人材をリクルートし、紹介します。現地支店・法人の代表やマネージメントおよびその候補となるような人材をヘッドハンティングします。あわせて、現地人材の処遇方法や、適した人事評価、教育方法についてアドバイスします。人材へのトレーニングやOJTへの支援を行います。
ABPは新卒採用の企業・学生間のマッチングも自社事業として行っています。
参考:「アフリカで、日本企業が幹部候補を採用・育成する方法」リクルートワークス研究所への寄稿記事

その他のサービス

  • 各国での法人登記、法人口座開設、オフィス選定、労働ビザ取得など現地拠点開設のための一連のプロセスの支援、弁護士事務所・会計事務所の紹介
  • 営業代行、代理店のモニタリング
  • 広告制作、パブリシティ、キャンペーン活動、デザイン、ウェブサイト制作、音楽制作などの支援、アウトソース先の紹介
  • アフリカで行われる展示会の出展支援

アフリカビジネスを前に進めるためのABPの圧倒的な現場知

アフリカと日本を結ぶネットワーク

日本企業、アフリカ各国の企業・政府機関との深く幅広い人間関係を有します。アフリカの企業を年間200社訪問して培ったネットワークが、日本とアフリカ間のビジネスマッチングの原資となっています。双方のビジネスカルチャーの違いを熟知しています。毎年「アフリカビジネスに関わる日本企業リスト」を発行しており、日本企業がいまアフリカのどこで何をしているかを最もよく知っています。

現場を歩くことで得たアフリカビジネスに関する知見と経験

アフリカの産業と市場環境について、的確な切り口と明快な認識による知見を有します。これは、アフリカ一帯を常に駆け回り、企業や工場、農場やマーケットを歩きまわるフィールドワーク経験と、年間20を超えるプロジェクト経験による洞察から醸成されたものです。当社はアフリカビジネスに特化しており、早くから全リソースをアフリカビジネスの知見獲得に費やしています。

日本企業の戦略と意思決定プロセスへの熟知

アフリカでのビジネスについて圧倒的な現場知を有すると同時に、日本企業の強みと組織文化を理解しています。日本企業に対する海外進出、新規事業開発、経営立て直しなどへの支援に15年以上の経験があり、あるべき事業戦略がどうすれば意思決定され、オペレーションに落とし込まれていくかを理解しています。机上の理論でなく、実際にビジネスが少しでも前に進むためには何が必要か、熟知しています。

ビジネスを前に進めることへの情熱

あたりさわりのない調査を行いきれいなレポートを書くことでなく、事業を前に動かすことに集中しています。困難や想定外のできごとが多いアフリカで、貴社だけへの個別解を提案し、その実行とオペレーションまで関わりともに行うことができるのは、ビジネスを前に進めたいという強い思いがあるからこそです。

このような場合にご相談ください

  • これからのグローバル戦略上、アフリカという市場をどのように捉えていけばいいのか検討したい
  • 自社がアフリカのどの国で、何ができるか、提案が欲しい
  • 自社内にアフリカビジネスに関する知見がない/社内でアフリカにて事業を行うことへの理解が得られない/アフリカ向け戦略を立てても事業計画どおりに前に進まない。なんとかならないか
  • アフリカで代理店や事業提携先を見つけたい
  • 現地法人、駐在員事務所の設置を考えている
  • 代理店やパートナー企業が思うように動いてくれない。どうすればよいのか
  • アフリカの企業への出資、買収を考えている
  • うまくいっていないアフリカでの事業を立て直したい/思ったように売上が上がらずいつまでたっても損益分岐を超えない。どうすればよいのか
  • 現地のビジネスがうまくいくように、いっしょに進めてほしい
  • 現地でよい人材を採用できない。従業員の管理に苦労している
  • エチオピアやナイジェリア、コートジボワールといった、ポテンシャルはあるが難しい国で事業を立ち上げたい

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ