English Website

Home

アフリカビジネスの今

アフリカで強いブランドトップ100(2020/2021年版)

トヨタが10位以内に復活。ヤマハ(楽器)が8年ぶりに100位圏内に

更新日:2022年07月04日

カテゴリ: ビジネスに役立つ情報

(今回100位以内に復活し79位となったヤマハの楽器、ヤマハ提供)

アフリカにおける「好きなブランド(admired brands) トップ100」の最新版の結果をまとめました(2019年の結果はこちら、2018年はこちらから御覧ください)

上位10社は、ナイキ、アディダス、サムスン、コカ・コーラ、アップル、テクノ、グッチ、トヨタ、プーマ、MTNとなりました。ここ数年、上位10社(下表のグレー部分)には大きな変動はありませんが、2018年と2019年に10位圏外へ落ちていたトヨタが、圏内に復活しています。

上位には、世界でもよく知られるブランドが並びます。ライフスタイルアパレルであるナイキ、アディダス、プーマ、Zara、ラグジュアリーブランドであるグッチ、ルイ・ヴィトン、クリスチャンディオール、FMCG(食品・日用品)のグローバルブランドであるコカ・コーラ、ネスレといった世界で強いブランドは、アフリカでも同様に強いことがわかります。

一方、自動車や消費財ブランドでなく、携帯ブランドが上位を占めているのは、アフリカの特徴です。サムスン、アップル、テクノの携帯電話3ブランドが10位以内に入っています。アップルのiPhoneは販売数としては多くはありませんが、アフリカでもとても人気がある携帯ブランドで、男性が女性にプレゼントしたり、クリスマスに贈るような、特別な携帯です。

サムソンはかつてはアフリカでもっともシェアが高い携帯メーカーでしたが、いまはTecno、iTel、Infinixの3ブランドを保有する中国のトランシオンが上回るシェアを得ています。しかし、ブランド力では、まだ3ブランドよりもサムソンが上位のようです。なお、サムソン以前にアフリカでトップシェアだったノキアは、2011年の時点ではブランド力1位でしたが、いまは26位まで下がっています。シャオミは近年アフリカで攻勢をかけており、2020年からトップ100に入り始めました。

日本企業で上位100位に入った数は、2019年の6社、2020年の5社から増加し、7社となりました。トヨタ、ソニー、東芝、ホンダ、日産、ヤマハ、シャープの7社です。トヨタがトップ10位に返り咲いており、ヤマハ(楽器)は8年ぶりにトップ100位にランクインしました。

ただし、ランクインしている企業の顔ぶれは、この何年かほぼ同じで(2019年2018年)、新しい企業は登場していません。また、2011年と比べると、ランクインする企業の数も、その順位も10年前の方が高く、日本ブランドはこの10年でその力が弱まっていると言わざるを得ません。ソニー、ホンダ、シャープは、10年前にはそれぞれ15位、13位、18位とトップ20に入る、アフリカでブランド力を持つ企業でした。いまでもアフリカの人々の間でとてもよく知られているブランドであるものの、これら日本ブランドへの認識は、「今」自分の身近にあるブランドというよりも、昔からある伝統的なブランドとして認知されてしまっている様相があります。

アフリカ出自のブランドは、上位50位以内に、MTN(通信会社)、Dangote(セメント、製粉会社)、Ethiopia airlines(航空会社)、Kasapreko(ビール)、Glo(通信会社)、DSTV(有料テレビ)、Jumia(eコマース)、Econet(通信会社)が入っています。

Jumiaはアフリカ最大のeコマース企業でアフリ11カ国で展開しています。Econetはジンバブエ発の総合通信・アプリ企業で、どちらもアフリカ出自のデジタル企業といえます。52位には南ア発のシューズブランドBathu Shoesが、62位にも南ア発のシューズブランドDrip Shoesがランクインしています。アフリカ発のライフスタイル・アパレルブランドが上位100位に入るのは初めてです。

テスラが35位となり、初めて100位以内に入りました。アフリカにおいてテスラは、モロッコで充電ステーションの設置や電気自動車部品を製造する取引先があるる程度で、消費者がアフリカで買えるテスラ商品はなく、身近なブランドとはいえません。それなのに35位に入っているのは、世界で話題が多い企業の情報はアフリカでも関心を持たれている、またはイーロン・マスク氏が南アフリカ出身であることも影響しているのかもしれません。

なお、いわゆるGAFA企業では、前述のようにアップルが5位に入っているほか、Googleが21位、アマゾンが36位、Facebookが54位に入っています。アフリカにおいてGAFA企業がなにを行っているのかについては、こちらを御覧ください。


アフリカにおける好きなブランド調査(2011~2021)
クリックで拡大します

20220704185438.jpg
この表をエクセルで受け取りたいは、こちらから「ブランド2021エクセル希望」とお問い合わせください。無料でお分けします。

注)
赤の網掛けは日本企業
灰の網掛けは上位10ブランド
差分は、2011年(または2013年)の結果と比較して、青が順位の上昇、赤が下降を示す。矢印の本数は、1本は10~19、2本は20~29、3本は30以上の変動

調査対象国:28カ国。エジプト、モロッコ、チュニジア、DRC、カメルーン、ベナン、ガーナ、リベリア、ナイジェリア、コートジボワール、セネガル、シエラレオネ、ケニア、ルワンダ、エチオピア、タンザニア、ウガンダ、南アフリカ、アンゴラ、マダガスカル、マラウイ、モザンビーク、+6カ国
調査対象者:18歳以上
調査方法: 携帯SMSによる調査。人口規模による補正有り
出所:African Business

関連記事

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ