English Website

Home

アフリカビジネスの今

アフリカにおける日本企業の動き(2020年1月)

更新日:2020年02月08日

カテゴリー:アフリカの日本企業

(写真: コートジボワールの地方都市、ABP撮影)

毎月、アフリカにおける日本企業の動きをまとめています。
バックナンバーはこちらからご覧ください。2012年以降の日本企業のアフリカでの動きのすべてを見ることができます。右上の検索窓から、国名や企業名での検索も可能です。

なお、アフリカにおける日本企業に関するニュースは、こちらの週刊アフリカビジネスをお申し込みいただければ、毎週定期的にお手元に配信されます。ご関心のある方はこちらからお問い合わせください。


【コートジボワール】日本とコートジボワールが二国間投資協定を締結(1/13)

日本とコートジボワールの間の投資協定が、コートジボワールのアビジャンにおいて署名された。

コートジボワール外務大臣は、3億5,000万人の人口を持つ西アフリカの玄関口として、日本がコートジボワールへの投資を活発化させることを期待していると述べた。


【コンゴ民】オフグリッド発電のBBOXXがコンゴ民政府と覚書締結(1/21)

三菱商事が出資するオフグリッド発電の英BBOXXは、コンゴ民主共和国と覚書を締結した。2024年までに同国の人口10%に当たる1,000万人へ電力を提供する。BBOXXはすでに同国で20万人に電力を提供している。

同国の人口は毎年増え続けており、従来のオングリッド送電網だけでは、農村部や都市郊外の電力を届けるのは現実的ではないと認識されている。大統領は、任期中に同国の電化率を9%から30%へと上昇させるために、オフグリッドの再生可能電力の活用を進める考え。


【南アフリカ】トヨタ自動車が南アフリカで2020年末までに42億8,000万ランドを投資へ。ハイブリッド車を含む乗用車の新規生産を開始(1/31)

トヨタ自動車の南アフリカ子会社Toyota South Africa Motorsは、2020年末までに42億8,000万ランド(308億円)を南アフリカのオペレーションに投資する。そのうち24億3,000万ランド(170億円)は、ダーバン工場において2021年10 月から新たに生産を開始する予定の乗用車の生産に充てられる。

新規に生産が開始される乗用車には、ハイブリッド車も含まれ、現在生産中のカローラから入れ替える形。カローラクレストの生産は継続する。ミニバスのハイエースSes'fikileの生産強化には4億 5,400万ランド(32億円)を投資予定で、生産台数を現在の年間1万4,000台から1万8,000台へと増産する。また、ケニアにおいてノックダウン生産を行うハイラックスBakkieに向けて、部品を梱包する工場を、2,000万ランド(1億4,000万円)を費やし設立する。あわせて、3億6,500万ランド(26億円)でAtlasにある部品倉庫のサイズを2倍に拡大する。

同社は、2019年から2020年にかけても、カローラクエストの新モデルの生産への1,800万ランド(1億2,000万円)の投資を含む9億2,800万ランド(66億円)の投資を行っている。太陽光発電設備へは3,300万ランド(2億3,000万円)を投資しており、現在3メガワットを発電している。2025年までに16メガワットまで発電量を増やし、ダーバン工場の電力消費の22%を置き換える予定。

※1ランド=7.2円(2/1、モーニングスター)

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ