English Website

Home

最新情報

「アフリカ・流通小売トラッキングデータ」ご提供開始のお知らせ

更新日:2018年01月24日

カテゴリー:更新情報

アフリカビジネスパートナーズは、2016年よりデータを蓄積してきた、アフリカ都市部(ナイジェリア・ラゴス、ケニア・ナイロビ)での小売・流通における自社・他社製品の扱いの有無と価格を把握できる「アフリカ・流通小売トラッキングデータ」の販売を開始します。

アフリカで商品を売る難しさのひとつに、日本と違い流通が組織化されておらず、モノが流れるルートが多岐にわたる上長いため、商品を行き渡らせたり、価格やプロモーションをコントロールするのが難しい点があります。

サブサハラアフリカの都市部のサプライチェーンを機能面からみると以下の図のようになりますが、ひとつのプレイヤーが複数の役割を果たしていたり、同じ機能を規模もタイプも違うプレイヤーが担っていたりと多様です。たとえばナイジェリアの商都ラゴスの場合、単品を扱う一次卸は大型の青空マーケットに密集して所在していることが多く、二次卸は周辺の小型のマーケットや便のいい場所に所在することが多いですが、一次卸か二次卸かの区別はモノの実際の流れを押さえなければわかりづらく、一次卸も二次卸も消費者向けの小売も行います。また、小売店から小売店への転売もさかんに行われる、物流と道路事情を背景に、同じ機能を担うプレーヤーでも港周辺からの距離に応じて価格が変わるなど独特の習慣もあります。

20180124015417.jpg

メーカーや輸入代理店といった売り手が把握できるのは一次卸までで、その後、自社の製品が実際にどのルートで流れており、どこでマージンが乗り、直接消費者に売っているのが誰で、末端販売価格がいくらになるのかを把握するのは複雑を極めます。スーパーマーケットはメーカーや輸入代理店または一次卸から入荷し直接消費者に販売するため、唯一管理や把握が容易ですが、消費者がスーパーを使って購買する割合はナイジェリアで2%、ケニアで30%と言われています。現地に代理店を設定していたものの、実は一次卸とスーパーに流れいてるだけで、二次卸や商業エリアのキオスク、住宅エリアのパパママショップといった末端小売に商品が置かれていないがゆえに売上がまったく上がっていなかったという事態はよく起こっています。

一次卸が密集する青空マーケット(ナイジェリア)
20180124044133.jpg二次卸(ナイジェリア)
20180124030035.jpg


商業エリアのキオスク(ナイジェリア)
20180124044332.jpg








住宅エリアのパパママショップ(ナイジェリア)
20180124032704.jpg







ナイジェリアで23店舗を構える大型スーパーShoprite(左)と、12店舗を展開するSparの店内(中央)、フランチャイズ数がナイジェリア国内でもっとも多い現地資本のコンビニ型店舗のBest Choice(右)(いずれもナイジェリア)
20180124033707.jpg







アフリカビジネスパートナーズが提供する「アフリカ・流通小売トラッキングデータ」では、自社・競合製品の「販売有無」と「価格」を、「時系列変動」や「各流通段階」および「エリア」別に比較しながら分析・把握できます。商品が流通の各段階においてどの程度ペネトレーションを得ているか、どの流通地点で滞留がおきているか、どの流通段階でどの程度のマージンが乗っているのか、モダンリテーラー/トラディショナルリテーラーまたは繁華街/住宅街のどちらで売られているのか、実施したキャンペーンや値下げは末端小売まで反映されたのか、価格はどのように推移しているのか、シーズンや為替の変動が価格にどの程度影響しているかといった課題に対して、実態のデータを示します。

特定製品カテゴリーの小売価格や時系列データ、流通段階それぞれにおける製品の有り無しと価格・マークアップ幅、特定のエリア、流通・小売における商品価格のスナップショットなど、ご要望に応じて販売します。ご関心のある方は、まずはContact Usからお問い合わせください。ご提供内容の詳細と費用についてご説明差し上げます。


トラッキングデータの内容

■ナイジェリア

A. 設定エリア
ラゴスにおける以下の4エリア
1Lagos Island/Victoria Island
ラゴス港から運ばれた商品がまず運ばれる、大型マーケットが所在する地域。官庁や大手企業の本社ビルが集まる場所でもあり、平均所得は高い
2Mainland
大陸側の商業地域
3Mushine
住宅と商店が集まる混み合った地域。平均所得は低い
4Ikotun
内陸に入った住宅地が多い地域
20180124040602.jpg
















B. 対象流通・小売
スーパーマーケット:4店舗
一次卸:4地域
二次卸:4地域
商業エリアのキオスク:4店舗
住宅エリアのパパママショップ:4店舗

各店舗の写真つき

C. 対象製品カテゴリー
以下の57製品カテゴリーにおいて、ブランド・容量別にあわせて計994製品の販売有無と価格を調査しています。対象製品のリストをご覧になりたい方はお問い合わせください。

食品:計29カテゴリー
インスタントヌードル、トマト缶、魚缶、牛乳、粉乳、ヨーグルト、マーガリン、ブイヨン、シーズニング、ケチャップ、はちみつ、調理パン、ビスケット、ポテトチップス、キャンディ、飲料(エナジードリンク、炭酸飲料、ジュース)、水、粉末飲料、砂糖、食用油、業務用小麦粉、家庭用粉(小麦・キャッサバ・ヤムイモ等)、コメ、パン、コーンフレーク、卵、冷凍チキン、冷凍食品、冷凍ポテト

家庭用品・美容用品:計18カテゴリー
石鹸、洗剤、歯磨き粉、おむつ、生理用品、ティッシュ、トイレットペーパー、蚊取り線香、防虫剤、ベビーローション(新設定)、ワセリン、スキンクリーム、ヘアケア、ヘアスプレー、シャンプー、シェービングバーム、サプリメント、塗料

電化製品:計11カテゴリー
オーディオセット、エアコン、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、プリンター、デジカメ、腕時計、テレビ、発電機、ランタン

■ケニア

A. 設定エリア
ナイロビの、CBD(中心部)、北部、東部、南部、西部の5エリア

B. 対象流通・小売
トップ5スーパーマーケット:5店舗
新興スーパーマーケット:5店舗
現地資本ミニスーパーマーケット:5店舗
一次卸:5店舗
二次卸:10店舗
商業エリアのキオスク:10店舗
住宅エリアのパパママショップ:10店舗

各店舗の写真およびGPSデータつき

C. 対象製品カテゴリー
以下の46カテゴリーにおいて、ブランド・容量別にあわせて計388製品の販売有無と価格を調査しています。対象製品のリストをご覧になりたい方はお問い合わせください。

食品:30カテゴリー
インスタントヌードル、牛乳、ロングライフ牛乳、ヨーグルト、マーガリン、ブイヨン・シーズニング、トマトソース・ケチャップ、ビスケット、ポテトチップス、キャンディ、ピーナッツ、飲料(エナジードリンク、炭酸飲料、ジュース)水、粉末飲料、インスタントコーヒー、ティーパック、メイズ粉、砂糖、塩、食用油(液体)、食用油(固体)、コメ、パン、コーンフレーク、パスタ、卵、鶏肉、ソーセージ、じゃがいも、ベビーフード

家庭用品・美容用品:16カテゴリー
石鹸、洗濯石鹸、洗剤、食洗機用洗剤、漂白剤、歯磨き粉、おむつ、生理用品、トイレットペーパー、蚊取り線香、浄水剤、ボディーローション、スキンケアクリーム、ヘアケアクリーム、ヘアスプレー、シャンプー

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ