English Website

Home

最新情報

【コロナ禍のアフリカビジネス】バーチャル出張、バーチャル市場調査、事業計画精査のご支援

更新日:2020年06月23日

カテゴリー:その他のお知らせ

アフリカ各国では入国制限が続いています。こちらで随時更新しているように、まだほぼすべての国は空港を閉鎖し旅客機の乗り入れを禁止しており、再開したタンザニアおよび再開を発表したチュニジア、エジプトについても、入国のためには出発直前のPCR検査による陰性証明書提示や入国後の自己隔離など、条件がついています。


当初考えていたよりも出張で行き来できるようになるまで時間がかかりそうです。現在アフリカ主要国の多くは、首都とそれ以外の間でさえ地域封鎖しており、国内便も飛ばせていません。国際線が復活し出張が可能になるのは、これらが解決した後となると想定されます。

このような状況下、アフリカビジネスパートナーズでは、事業を少しでも前に進めるため、または、事業計画を再考する際の情報となるように、以下のサービスをご提供します。

(1)バーチャル市場調査
コロナ禍の現地における現在の需要をつかむことができるよう、市場調査を行います。ケニア、ナイジェリア、エチオピア、および一部南アフリカにおいて、当社のスタッフが貴社の目と足となり、現場にでかけ、リアルタイムでオンライン動画をつなぎます(エチオピアにおいては録画動画)。

・マーケットや流通の観察調査
・貴社販売店や売り先などでの実情の把握のための観察調査
・現地企業へのアポイントメント取得とインタビュー
・消費者への街頭または家庭訪問によるインタビュー

(2)バーチャル出張
現地企業との面談のサポートを行います。ケニア、ナイジェリア、エチオピアの3カ国では、すでに現地ビジネスは動いており、活動量はほぼ通常と変わらぬところまで戻っています。一方で、現地の顧客、提携先、販売代理店、見込み客、パートナー候補とのコミュニケーションは、Zoomなどのオンラインを使っても困難が多く、コミュニケーションに支障をきたしている企業が多くあります。
当社スタッフがご希望先にでかけ、リアルタイムでオンラインで動画をつなぎ面談をサポートします(エチオピアにおいては録画動画)。
面談内容を確かめるなどの目的で、(1)の市場調査の併用も可能です。

・顧客や提携先、販売代理店との足元の事業に関する面談
・見込み客やパートナー候補との今後の事業に関する面談

(3)売り先の実態調査/ミステリーショッパー
貴社販売店や売り先、また競合の販売店や売り先において、いま現実のビジネスがどのような状況なのか、調査します。店舗や工場は実際に開いていいるのか、商品は動いているのか、顧客は入っているのか、販売員の働きぶりや顧客の反応について、出張で観察する代わりに、情報を得ることができます。

・貴社販売店や売り先における、販売の実際の状況やスタッフの働きぶり、顧客の反応に関する調査
・競合販売店や売り先における、販売の実際の状況やスタッフの働きぶり、顧客の反応に関する調査

(4)事業計画精査のための情報提供
今後の需要予測を立て、事業計画の変更や精査を行うあたり、必要な情報をビデオ通話、電話により提供します。7月末まで無料で実施します。
今回の感染に伴う規制や対応およびそれによる商業活動への制限は、一過性のものではありません。今年度のアフリカ事業の計画をどのように変更するべきかを検討する材料としていただければと思います。現地にいるからこそわかる肌感覚をお伝えします。

テーマ
a. 現状:アフリカ各国の感染の実態、現地企業の稼働状況、人々の消費行動の様子
b. ビジネスへの影響: アフリカへのコロナの影響をどう解釈するべきか(マクロ経済、需要変動など)
c. 今後の戦略: いまおよびこれから発生するビジネスチャンス、市場動向の変貌
d. その他

(1)~(4)のいずれも、お問い合わせやお申込みはこちらからご連絡ください。どのサービスをご希望か、現在どのような点でお困りか、一言ご記載いただいた上、送信ください。

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ