English Website

Home

最新情報

週刊アフリカビジネス589号(2022年3月28日号)配信

更新日:2022年03月28日

カテゴリ: アフリカビジネスヘッドライン,週刊アフリカビジネス

アフリカビジネスパートナーズは3月28日、週刊アフリカビジネス(法人版・有料版)ならびに週刊アフリカビジネス(個人版)の第589号および週刊アフリカビジネスヘッドラインニュース(無料版)489号を配信いたしました。

今週のトップ3ニュースは、
・コンゴ民主共和国が東アフリカ共同体(EAC)に加盟
・住友電工がロシアのウクライナ侵攻を受け、ウクライナのフォルクスワーゲン向けワイヤーハーネス工場の生産をルーマニアとモロッコに移管
・矢崎総業、住友電工など5社が、モロッコに自動車向けワイヤー部品の工場新設・拡張で合意。電気自動車メーカーからの需要増加に対応

でした。その他、アフリカビジネスの今のトレンドや、日本企業がアフリカで事業を行う際に参考となる事例を示すニュースについて、合計20本のニュースを紹介しています。

有料版の週刊アフリカビジネスでは、ロシアのウクライナ侵攻を受けてアフリカで起こっているさまざまな変化を解説しています。そのひとつが住友電工や矢崎総業のモロッコへの投資であり、ナイジェリアの財閥ダンゴテの肥料生産の開始です。ソフトバンク・ビジョン・ファンド2が投資したアグリテックのApollo Agricultureも、そのうちの一つの流れと言えるかもしれません。

4本目でとりあげたApollo Agricultureと5本目でとりあげたThriveAgricはどちらもアグリテックですが、そのビジネスモデルにはこれまでのアグリテックとは違う、ひとつ大きな特徴があります。解説しています。

コンゴ民主共和国が、東アフリカ共同体の7カ国目の加盟国となりました。コンゴ民は地理的には中部アフリカに分類され、経済的には南アフリカとの関係が深い国です。なぜEACへの加盟となったのでしょうか。解説しています。

週刊アフリカビジネスに関する詳細・お申込みについては、こちらをご覧ください。

無料版では、ニュースのヘッドラインのみをご紹介しています。配信内容はこちらでもご覧になることができます。配信内容を今後メールで配信を受けたい方、週刊アフリカビジネスヘッドラインニュースに関する詳細・お申込みは、こちらをご覧の上、お申込みください。

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ