English Website

Home

最新情報

週刊アフリカビジネス539号(2021年3月29日号)配信

更新日:2021年03月29日

カテゴリ: アフリカビジネスヘッドライン,週刊アフリカビジネス

アフリカビジネスパートナーズは3月29日、週刊アフリカビジネス(法人版・有料版)ならびに週刊アフリカビジネス(個人版)の第539号および週刊アフリカビジネスヘッドラインニュース(無料版)439号を配信いたしました。

今週のトップ3ニュースは、
・ケニア通信大手サファリコムが、ファーウェイおよびノキアの通信機器を採用し5Gサービスを開始
・丸紅が出資する家庭用太陽光発電キットのPAYG販売の英Azuri Technologiesが有料テレビMultiChoice Kenyaと提携し、テレビと有料コンテンツのパッケージ販売を開始へ
・SBIホールディングス傘下の中古車輸出SBI Africa Companyがタンザニアに法人設立。SNSマーケティングのBSMOや自動車修理のSaint Partsと提携
でした。その他、アフリカビジネスの今のトレンドや、参考となる事例を示すニュースについて、合計20本のニュースを紹介しています。

有料版の週刊アフリカビジネスでは、これら20本のニュースすべてに日本語の要約をつけた上で、主要ニュースの背景やこれまでの経緯に対する解説、参考になるデータやチャートを紹介しています。

今週は、アフリカの主要携帯通信会社5社(MTN、Orange、Vodacom、Safaricom、Airtel Africa)のコロナ前・コロナ後の業績を比較し、この1年で携帯通信会社の業績はどう変化したのか、コロナは期待されていたように通話からデータ通信へのシフトをもたらしたのか、モバイルマネーは躍進したのかをレビューしています。Airtel Africaのモバイルマネー事業の売却や、サファリコムのファーウエイ機器を使った5Gサービスの開始など、通信会社のニュースが続きますが、足元の業績では何が起こっているのでしょうか。

コカ・コーラが取り組んでいる循環型製造システムへの投資やスタートアップとの協業についても、解説を加えています。

週刊アフリカビジネスに関する詳細・お申込みについては、こちらをご覧ください。

無料版では、ニュースのヘッドラインのみをご紹介しています。配信内容はこちらでもご覧になることができます。配信内容を今後メールで配信を受けたい方、週刊アフリカビジネスヘッドラインニュースに関する詳細・お申込みは、こちらをご覧の上、お申込みください。

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ