English Website

Home

最新情報

週刊アフリカビジネス436号(2019年3月11日号)配信

更新日:2019年03月14日

カテゴリー:週刊アフリカビジネス

アフリカビジネスパートナーズは3月11日、週刊アフリカビジネス第436号を配信いたしました。

今週は、
・豊田通商と東京電力の合弁会社ユーラスエナジーが、オーストラリアの風力発電開発Windlabの東アフリカ風力発電事業に1,000万ドルを投資
・仏投資会社Wendelがアフリカでカルフールを運営するPlaYceの持分40%を豊田通商子会社CFAOに3,220万ユーロで売却することで合意
・家庭用太陽光発電キットの割賦販売を行うZOLA Electricが、ナイジェリアに進出へ
などニュース20本とトップニュースへの解説を行っています。

解説コーナーでは、今週のトップニュース豊田通商と東京電力ホールディングスの合弁ユーラスエナジーの東アフリカ風力発電の出資のニュースに絡んで、ユーラスエナジーや投資先Windlabについての説明を加えています。

2本目の豊田通商子会社CFAOがアフリカでのカルフールやショッピングモールの展開に向けて設立した商業施設ディベロッパーの株式を、出資していた投資会社から買い取ったニュースに関しては、ディベロッパーの設立経緯、現状、投資会社Wendelのアフリカへの投資状況についてまとめています。

東のM-Kopa、西のZolaと言える、投資を多く集めている家庭用太陽光発電キットのZolaのナイジェリア進出が3本目のニュースです。Zolaはこれまでコートジボワール、ガーナ、タンザニア、ルワンダと進出を続けてきましたが、ナイジェリアにおいて発電機が使用されているエリアに参入する場合は、これまでとは満たすべき顧客ニーズが違います。その点につき、解説を加えています。

週刊アフリカビジネスに関する詳細・お申込みについては、こちらをご覧ください。

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ