English Website

Home

最新情報

週刊アフリカビジネス389号(2018年4月2日号)配信

更新日:2018年04月03日

カテゴリー:週刊アフリカビジネス

アフリカビジネスパートナーズは4月2日、週刊アフリカビジネス第389号を配信いたしました。

今週は、
・米格付け機関Moody'sが南アフリカ格付けを据え置き、投資適格級を維持。ランドは上昇し国債利回りは低下
・アフリカ向けプライベートエクイティ最大手であり、ヘルスケアファンドの不正利用疑惑の渦中にあるUAEのAbraaj Groupが、ファンド事業の株式売却を検討
・シンガポールの農業商社Olam International が、三菱商事と西アフリカで養殖事業の開始を検討中

などニュース20本とトップニュースへの解説を行っています。

解説コーナーでは、南アフリカの新政権にとって今回のMoody'sの格付けが重要だった理由について、説明しています。また三菱商事やサンヨー食品といった日本企業と縁が深いシンガポールの農業商社Olamについて、その関係性について説明しています。

個人向けの「週刊アフリカビジネスQ&A」では、「アフリカ44カ国が合意したという自由貿易協定とはどういったものですか」という質問を取り上げています。ご購読者の方で、質問のある方は、weekly@abp.co.jpまでお送りください。

週刊アフリカビジネスに関する詳細・お申込みについては、こちらをご覧ください。

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ