English Website

Home

最新情報

週刊アフリカビジネス386号(2018年3月12日号)配信

更新日:2018年03月13日

カテゴリー:週刊アフリカビジネス

アフリカビジネスパートナーズは3月12日、週刊アフリカビジネス第386号を配信いたしました。

今週は、
・南ア保健省がリステリア菌食中毒の発生源と特定された食品会社Tiger Brandsと調査中のRCL Foodsのソーセージをリコール、両社の株価が急落
・ケンタッキーフライドチキンが鶏肉不着による閉店が相次いでいた英国北部で配送業者をDHLから南アBidvest Logisticsに戻すと発表
・米マスターカードが南アStandard bankと通信会社MTNの合弁会社であるモバイル決済テック企業Oltioを買収

などニュース20本とトップニュースへの解説を行っています。

解説コーナーでは、リステリア菌が発生した南アフリカでの影響について解説しています。南アフリカの食肉加工品はアフリカ各国にも輸出されていますが、各国はどのような対応をとっているのでしょうか。また、英国のケンタッキーフライドチキンで、DHLが配送業者として選ばれてから店舗に鶏肉が届かず、一時閉店が相次いだことが騒ぎとなっていましたが、これを解決した南アフリカのBidvestとはどういう企業なのか、説明しています。あわせて、マスターカードのモバイル決済テック企業買収に関連して、アフリカのモバイルバンキングの代表事例としてはケニアで生まれたM-pesaが著名ですが、第二段階とも言える新しいタイプのモバイルバンキングがアフリカで生まれつつあるという話について、解説しています。

週刊アフリカビジネスに関する詳細・お申込みについては、こちらをご覧ください。

アフリカビジネスに関わる日本企業リスト

日本企業のアフリカビジネスについて網羅した唯一の資料[詳細を見る

週刊アフリカビジネス

アフリカの最新ビジネスニュースを日本語で提供[詳細を見る

COPYRIGHT(C)2017- AFRICA BUSINESS PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ